郵便私書箱よりも私設私書箱のほうが便利な8つの理由!

スポンサーリンク

私設私書箱には郵便私書箱のような利用条件がない!

郵便私書箱には下記のような利用条件があります。

・おおむね毎日、郵便物等の配達を受ける方
・私書箱を六カ月以上使用する方
・郵便物等を遅滞なく受け取ることができる方

言い換えれば郵便物が毎日届き、届いた郵便物を毎日回収に行きなおかつ
それを半年以上継続しなければならないことになります。

また業務目的以外の利用は認められないとも言われておりますので、個人がプライベートで利用するにはかなり無理がございます。

私設私書箱であればそのような条件はございません。

郵便物が毎日届かなくてもOK!引き取りはご自分の都合で構いませんし
利用期間も1回だけの受取から1カ月単位や半年以下の短期での利用も可能です。

私設私書箱は利用するにあたり審査等の待ち時間がない!

郵便私書箱では利用申請後に1週間程度の審査期間がございますが
私設私書箱では本人確認など法律で決められた所定の手続きを行えばおおむね
即日利用できますのでお急ぎの場合などでも対応してもらえます。

※業者によっては独自の審査等がある場合がございますので事前に確認しましょう。

私設私書箱は住所に私書箱宛だとわかる私書箱○○号などの番号がつかない!

私設私書箱では基本的に私書箱番号・BOX番号などはつきませんので差出人に私書箱宛だとわからない形で郵便物を受けとることができます。

※まれにBOX番号合や管理番号などが必要な私設私書箱もございますので事前に確認しましょう。

私設私書箱は郵便以外も受け取ってもらえる!

スポンサーリンク

郵便私書箱はあくまでも日本郵便が配達する物だけしか受け取れませんが私設私書箱なら民間の宅配業者が配達する物も受け取ってもらえますので通販やフリマなどのお買い物の商品の受け取り先などでも利用できます。

私設私書箱では保管や転送も可能!

郵便私書箱では配達された郵便物をすぐに、利用している郵便局まで受け取りに行かなければなりませんが、私設私書箱なら直接の引き取りが難しい方のためにしばらく保管してもらうことや自宅や希望の場所まで転送してもらうことも可能です。

私設私書箱では郵便物や宅配便の受け取り以外の使い方もできる!

郵便私書箱ではあくまでも郵便物の受け取りでしか利用できませんが私設私書箱なら
郵便物などの受け取り以外に住所のレンタルがございます。

たとえば、ECサイト・ネットショップを運営されている方にはサイトに載せる住所としてまた商品の発送先住所としても利用できますしフリーでお仕事をされている方の連絡先住所として名刺などに記載することも可能です。

各種登録先住所としても利用できるので個人情報を守ることができる!

たとえばファンクラブの登録先や明細書や請求書の送付先、各種懸賞など
の登録先住所としても利用できます。

近年では懸賞やプレゼントと称し個人情報を集めることだけが目的の物も少なくありません。

登録したとたん自宅に山のようにDMが送られて困るようなことも無くなります。

ニックネームなどの匿名で受け取ることができる!

私設私書箱なら受け取り名義を自由に設定できますのでニックネーム・芸名・ハンドルネームや商用なら屋号での利用も可能です。

私設私書箱をお探しなら!

池袋私書箱 オフィスワークでは、来店での契約はもちろん郵送でのご契約もできます。

来店せずにご利用も可能ですので全国どちらからでもお気軽にご利用頂けます。

お預かりした郵便物や宅配便は来店での引き取りが難しい方のためにご自宅・最寄りの局留め・営業所留め等ご希望先まで転送致します。

当私書箱では初めての方でもご利用しやすい月額500円~受取り放題!(普通郵便・ハガキ等)の格安プランもご用意しております。もちろん他の私書箱と比較しても東京ながら全国の私書箱の中でも価格とサービスには自信がございます!

Webから簡単申し込み!来店契約なら池袋駅C3出口から徒歩20秒!ご契約手続きは5分で即日ご利用できます!

遠方にお住まいの方やご来店が難しい方は郵送での契約も可能です。こちらからお送りする書類をお受け取り頂くだけでご契約が完了です。

最短当日発送、翌日お受け取り頂ければその場で契約完了いたします。

これを機会に私設私書箱のご利用も検討してみてはいかがでしょうか。

【格安】月額500円~受取り放題の私書箱|池袋私書箱オフィスワーク
池袋駅西口徒歩5分、副都心線C3出口徒歩20秒 女性専用・男性個人・法人、スポット(1回)から長期割引プランまで 全国転送来店不要でご利用できる私書箱レンタルポスト 東京で格安私書箱なら池袋私書箱オフィスワークにお任せ下さい
このような方におすすめ
スポンサーリンク
池袋私書箱オフィスワークをフォローする
池袋私書箱オフィスワークブログ